相談してみたい結婚式余興の事

相談してみたい結婚式余興の事

(公開: 2015年7月17日 (金)

金沢の結婚式余興を見ると、

これを実現しているFlashmob JAPANに

結婚式のサプライズの事を相談してみたいと思いました。

 

やはり、サプライズがあった方が

結婚式は盛り上がると思いますし、

どうせサプライズをやるのであれば、

派手な事をやった方が良いのかなと思いました。

 

そう考えるとフラッシュモブはピッタリだと思いました。

 

実際、やるとなると気になる部分はいくつもありますので、

その辺の事をしっかりと調べて考えてみたいと思いました。

 

 


起業

起業

(公開: 2015年7月14日 (火)

友達が最近企業した。 

 

WEBの制作会社でずっと働いてたんだけど、

最近ついに独立した。

 

なんか先越されたってゆーか、焦るわー。

 

俺の方が業界歴は長いのに、ほんと勇気あるわ。

 

でも企業となると実力は勿論だけどお金もかかるからなー。

それに手続きとかも色々必要になるだろうし、めんどくさそう。

 

最近だいぶ落ち着いてみたいだから話聞いてみたけど、

やっぱいろいろ大変だったらしい。

 

新宿で起業した人だったらこの社会保険労務士さんが頼りになると評判らしい。

TEL03-6903-2684

 

給与管理とか社会保険とかめんどくさい手続きもあったらしいんだけど、

コーディアル人事労務ってとこに頼んだら全部ちゃんとやってくれたらしい。

 

仕事も早いし、お金も割安だったらしいから、

俺もその時はそこに頼んでみよー。

 

 

まあなんだかんだ、応援してます。がんばれー。


定住者ビザ申請を語るブログ

定住者ビザ申請を語るブログ

(公開: 2015年7月11日 (土)

定住者ビザの申請は、多くの場合困難を極めることが多いと、外国人のお世話をするボランティアの間では有名なことで、これは、かかわりのある外国人の中で、多くがきちんと希望するビザを取得する中、定住ビザの場合はなかなかそうはいかず、涙を呑むケースが多いことを肌で知っているためです。このため私たちのボランティア団体では、とくに定住者ビザの場合は無責任なアドバイスをすることなく、ちゃんとした行政書士さんにお願いするよう指導しています。以上、「定住者ビザの情報サイト」でした。

薬剤師の転職に特化したサイト

薬剤師の転職に特化したサイト

(公開: 2015年7月10日 (金)

ネットで転職の情報を探していたら、

薬剤師の転職に特化したサイトを発見しました。

 

これがそうです。

http://kousyunyu.sakuraweb.com/

 

こういうところの方が自分が

希望する条件の求人が見つかるかなと思いました。

 

とりあえず、調べてみたいと思いました。

 

贅沢を言えば、給料が高くて、職場環境が良くて

なんていろいろと条件が浮かんできます。

 

すべてが叶うかは分かりませんが、

一番、重要だと思っているのは、給料です。

とりあえずはそれを基準にして考えたいです。

 

参照:kids.wanpug.com/illust/illust300.png


サプライズを仕掛ける予定の結婚式

サプライズを仕掛ける予定の結婚式

(公開: 2015年7月 6日 (月)

結婚式にサプライズを仕掛けたいと思っています。

 

仙台の結婚式余興を見て思いました。

 

こういうサプライズだとやはり、

きちんと成功させないと意味がないので、

頑張りたいと思いました。

 

基本的には代行会社に相談して

任せる事になると思いますが、

後はダンスの練習がどうなるのか気になります。

 

出来る限りの事をやって盛り上げたいと思っているので

一生懸命頑張ってみたいと思いました。

思っていたような形で実現する事が出来るように考えたいです。

 

 


マンツーマンレッスンでしかできないこと

マンツーマンレッスンでしかできないこと

(公開: 2015年7月 6日 (月)

どの習い事でも、先生とのマンツーマンレッスンこそがレベルアップへの近道です。

例えば、近年人気のあるボーカル教室で例を挙げると…。

・その人の目標を確認しながら、丁寧に進めていける。

・好きな歌で練習できる。

・オーディションが近い時などは、特に集中的に見てもらえる。

・欠点やさらに伸ばすべきポイントを、その場で指摘してもらえる。

先生にガンガン質問するもよし、歌いたい曲をリクエストするもよし!

全てあなたのための時間です。

 

場所柄、下北沢にあるボーカル教室にはアットホームなところがあるようです。

レッスンはたとえ完全マンツーマンでも、

イベントやライブ出演によってたくさんの生徒さんと知り合いになれるからだそう。

こういったメリハリも、必要な要素かもしれませんね。